拡大と縮小からのアイデア。

デザイナーは注文主と大衆のあいだで、板ばさみになった芸術家であると言ったのは瀧口修造である。

私は広告制作をしていく時にそれをいつも意識している。広告主が伝えたいポイント、時代を吸収している大衆に、どう提案していけば受け取ってもらえるのかいつも考えている。それが、楽しくてしょうがない。現在は消費者も広告の情報が本当に正しいのか一瞬で調べられる時代だ。しかし企業側は広告を通して瞬間的に認知してほしいものだ。だからその後も両者の間に立ち提案できることが求められている。

 

図案と言っていたのはデザインという外来語が伝わる前だったが、まさにデザインとは図の中にコピーとの共同作業で案を浮かび上がらせるものなのだ。私の場合でいえばそれは人と人の話を聞く事からいつも始めている。大衆の具体的な声が、その都度の宣伝の打ち合わせで用意されていなくとも、柴山個人を離れて大衆になりすました気持ちでクライアントの意見を聞く事は良くする。誰でもない私という概念である。

 

 


 これは自分がデザイナーであるというおごりがあればあるほど、技術的なコテ先に終始してしまい、コミュニケーションの代表として機能しなくなるからだ。

 

もう一方、私はクライアントの打ち合わせの時、イタコのようにクライアントの頭の中に入っていったり、受け手側を想定しその人になりきったり、自分という本来のデザイナーに戻ったりと、ものすごい勢いでスタンスを変えるよう気持ちを集中する事にしている。

 

また、そのテーマの部分をzoom inして、毛穴まで見えるようにイメージングし、また、同一テーマを猛スピードでzoom outし、国をこえ地球サイズまで、引いて考えてみる事をする。そのミクロとマクロの世界とイタコとを組み合わせ、ミーティングに一時間参加すると、結構エネルギーを使う。しかし、会議室を去る時はもう何かが見つかることもある。本来はマーケのデータが用意されそれらの内容で組み立てていき方向が見えてから先に述べたような方法を取れると全体のコンセンサスが取りやすいのだが、私のような弱小の制作会社ではクライアントにお願いできる事は実際には少ない。

 

そして会社で作業をする前には、ほぼいくつかの方向が見えている。そこにその他、他者の援護をしてもらえる要素はないか、組み合わせはないかと、スパイラル的な円循環で考えている。

 

そこに、Technologyや、マーケティングシステムや、マスメディア、Web、SNSなども神経細胞のように組み合わせられるか考える。それ自体、もしくはその全行程が、デザイナーの仕事だと思う。これから、単純なグラフィックデザインという職務エリアは小さくなり、デザインという言葉はもっと拡大した場所を欲しがってゆくと思う。